夏季休業のお知らせ

集合住宅とお部屋の防音対策を考える

集合住宅の防音対策

マンションやアパートなどの集合住宅では、生活パターンや家族構成の違う人たちと共に一つの大きな建築物で生活する為に戸建てよりも、防音対策というものを考える必要があるかと思います。また、一緒に生活をされているご家族間でも、年齢や仕事内容などで生活時間のズレはあり、音や振動の問題に配慮しなくてはならない場面は多々あり、防音という人の優しい気持ちが大切になります。

リノベーションの際は防音対策も忘れずに

最新のマンションでは、音の問題も重要視されるようになり防音性能の高いお部屋も多くなってきております。一方で中古物件も見直されてきており、リノベーションでの使用が増えてきており、そうしたお客様からの防音対策に係るご相談を多く頂きます。

キッチンの使い易さや内装デザインは、その場で実物を見てお選び頂けますが、音の問題は生活をしてみてからでないと、分からない事が多いのも現実です。しかしながら、音の問題は深刻で、クレームを受けてからやトラブルが起こってしまってからでは、かなり大ごとになるケースが多く、その防音対策内容や費用もとても大きくなってしまいます。

防音工事の優先度

  • 意匠的な見える部分の工事は、後からでも作業は比較的しやすい。
  • 見えない部分の構造や防音工事は、後からでは作業がとても難しくなる。
  • トラブルが起きてからでは、通常の対策以上の事をしないと納得してもらえない。

お部屋のお悩みに合わせた防音対策

お部屋の場所や使用目的などによって、問題になるであろう音や振動の対策は変わってきます。用途に合わせた対策と防音材を使用することで、安心できる環境つくりが可能になります。

階下へ対しての防音対策が必要なケース

  • 子供の走り回ったり、飛び跳ねたりする音がうるさいと苦情を言われた。
  • 趣味で楽しんでいる、ピアノやドラムの振動が響いていないか不安である。
  • 畳からフローリングにリフォームをしたいが、音が響いてないか心配である。
  • 下の階からの話し声やテレビの音など騒音を防ぎたい。

床の防音対策を参考にして下さい。

床の防音対策

床の防音対策の方法や効果の上がる防音材料の選び方をご紹介いたします。床の防音対策は、集合住宅や高層ビルなどの多い現代社会において、階下へのマナーとして最初に考えなくてはならない需要の多い音の問題かも知れません。音のトラブルを未然に防ぐ為にも、床の防音材を見極めましょう。

床の防音

隣室へ対しての防音対策が必要なケース

  • 隣の部屋の大きな話し声やテレビの音が聞こえてストレスがたまる。
  • 部屋で音楽制作の仕事をしているが、もう少し防音性能を上げたい。
  • 遅くまで子供が遊ぶ大きな声が、お隣りに迷惑をかけているようだ。
  • 映画や音楽を楽しみたいが、隣に聞こえているのではと心配になる。

壁の防音対策を参考にして下さい。

壁の防音対策

壁の防音対策の方法や効果の上がる防音材料の選び方をご紹介いたします。人は壁があるだけでも落ち着くものですが、不快な音の侵入や音漏れの不安は現代社会において見逃せない問題の一つです。環境の違う近隣への音の配慮や趣味の音楽を楽しんだりする為にも、音のトラブルを未然に防げるように壁の防音材を見極めましょう。

壁の防音対策

上の階へ対しての防音対策が必要なケース

  • 上の部屋からの大きな話し声やテレビの音が聞こえてストレスがたまる。
  • 飼っているペットの鳴き声が響いてないか心配である。
  • ピアノやトランペットを楽しみたいが、響いてるのではないかと心配になる。

天井の防音対策を参考にして下さい。

天井の防音対策

天井の防音対策の方法や効果の上がる防音材料の選び方をご紹介いたします。天井への防音対策を検討する際には二通りのケースがございますが、上階からの音や振動を抑える為の作業を下階の天井からするのは、施工も結果を出すのも難しい事が多いのが現実です。また、音源のあるお部屋の音を上階に聞こえづらくする事は、階下からでも適切な対策をすれば効果を発揮出来ます。

天井の防音対策